◎利用数:20,066 サイト
 ◎本日の(類推)アクセス数:4,731 回

【利用数20,000サイト達成記念】
 上位自動ツール「Autoin入力」を無料で提供中。
(Wordpressならプラグインがあります)

郵便番号 → 住所自動入力の概説

■主な特長
(1)利用者の操作性が向上する。
(2)一般的なフォームへ簡単に導入できる。
(3)郵番が複数地域対応でも処理できる。
(4)フォーム設計の自由度が高い。
(5)拡張性が高い。


■住所自動入力は何れを選択しますか?
※全てが郵番の複数地域対応サポートです。
(複数地域対応は、1,548箇所もあります)

 (a)住所自動入力の拡張版(zipaddra.js)
 (2019.03.09 追加)

 (w)Wordpressをお使いならプラグインへ

 (e)EC-CUBEをお使いならプラグインへ

 (b)baserCMSをお使いならプラグインへ
 (2017.08.26 追加)

 (j)jqueryで利用する場合もプラグインへ

 (1)簡単で無料なら「絶対に当システム」

 (2)安全性と信頼性の高いもの(有償)へ


■データの更新について
郵便事業株式会社様のデータを利用。
▼月初に更新しております。




当ツールが世界一と自称する理由

■日本語版で一位の理由
(日本一は世界一と考えます)

(1)検索スピードが速い。

(2)簡単に導入できる。
 ルールに従いjsを1行追加で動きます。

(3)郵番対住所が1対nに対応している。
 郵便番号の実データは1対nなのです。
 (例438-0078)
 未対応は不良品だと考えています。
(ガイダンス選択方式を採っています)

(4)住所入力欄を複数設置できる。
 標準で6箇所設置が可能です。

(5)郵番欄の指定が柔軟である。
 7桁でも3桁-4桁でもok。
 7桁の場合は'-'に関係なく処理可能。
(標準では'-'を付けて表現します)
 3-4桁の場合3桁入力でフォーカス移動。

(6)郵番の入力が容易である。
 入力欄を半角にするので直ぐに入力可能。
 スマホは数字にするのでより入力が容易。

(7)郵番の誤入力にはエラーを表示する。

(8)住所欄が自由に設計できる。
 欄がなければ次へキャリーオーバーする。
(都道府県、市区町村、地域、番地等)

(9)都道府県欄はテキスト、select文が可能。
 selectの値は1,2,..でも、
 01,02,..でも、名称でもok。

(10)入力後には番地欄へフォーカスを移動。

(11)Wordpressにはプラグインを準備済。
 Contact Form 7、mw wp form、
 Trust Form、Ninja Forms、
 Welcart、WooCommerce、等

(12)システムの拡張性が高い。
(オウンコーディングで拡張が可能)

世の中に、これ以上のツールはありますか!




開発トピックス

究極のツールAutoin入力 を提供開始。
 (2019.11.25 追加) ←New

■住所自動入力Apiの提供を開始 しました。
 (2019.10.12 追加) ←New

Vue.jsを標準サポート しました。
 (2019.08.10 追加)

Reactを標準サポート しました。
 (2019.07.27 追加)

Ninja Formsを標準サポート しました。
 (2019.07.06 追加)




提供元情報

▼ピエールソフト
〒312-0033 茨城県ひたちなか市市毛815-5
 代表: 照沼 辰郎(てるぬま たつろう)
 TEL : 029-274-1629
 FAX : 029-274-1629
 ホーム: https://pierre-soft.com/

▼運営サイト
https://zipaddr.com/
(郵番→住所の自動入力:zipaddrx.js)無料
https://zipaddr2.com/
(郵番→住所の自動入力:zipaddr3.js)有料
https://bank-auto.com/
(金融機関情報の検索・自動入力API)無料
https://autoin.jp/
(究極のEFOツール:Autoin入力)無料

▲ページの先頭へ