利用方法

※Wordpress、EC-CUBE、で使う場合は、
  絶対にプラグインが便利です。


(1)htmlにライブラリを1行だけ追加下さい。

<head>
<script src="https://zipaddr.github.io/zipaddrx.js" charset="UTF-8"></script>
</head>

※githubを使っている為、Googleサービス閉鎖のリスクがあります。
 (2015.06.10 追加)

(2)id名をライブラリのid名に合せて下さい。

郵便番号欄: <input ~ id="zip"  ~  />
(下3桁): <input ~ id="zip1"  ~  /> ‥‥ 定義がある場合。
都道府県欄: <select~ id="pref" ~  </select>  / <input文でも可能となりました。‥2013.2.9 追加
市区町村欄: <input ~ id="city" ~  />
地域欄  : <input ~ id="area" ~  />
番地欄  : <input ~ id="addr" ~  />

※住所データをセットする時に内容がキャリーオーバーされます。
 例えば、市区町村欄がなければ、地域欄に
 「市区町村+町名」の名内容が入ります。

※住所入力を複数箇所に設置する場合は、
 下記のような組合せで記述下さい。
 郵便番号: zip2(-zip21)~zip6(-zip61)
 都道府県: pref2   ~pref6
 市区町村: city2   ~city6
 地域  : area2   ~area6
 番地  : addr2   ~addr6


(3)都道府県欄の記述方法について
 (2013.5.23 追加)
■htmlの内容を解析して利用しています。
 特に、select文の場合は注意が必要です。
・<option value="">--選択</option>部分で、
 value="0"は value=""に して下さい。

・<option value="1">北海道</option>
 ok。

・<option value="01">北海道</option>
 2桁にしてもok。

・<option value="北海道">北海道</option>
 名称にしてもok。

・地域を限定した都道府県欄でもokです。

・<optgroup label="北海道・東北">
 グループ化もok。

※対象の都道府県コードは1~47の範囲です。

▲ページの先頭へ